\FREEマーク候補者とは?/

 FREEマーク候補者とは、ただちに学費値下げに踏み出すことを政策として掲げ、さらに、授業料免除枠の拡大、奨学金制度の抜本的改善、コロナ禍に伴う緊急的授業料減免措置、学費値上げストップ、のいずれか2つ以上を政策として掲げる候補者のことです。

\このサイトの使い方/

STEP1

自分の小選挙区を調べよう!

ex)〇✕県 1区

STEP2

小選挙区・比例の候補者を確認してみよう!

どんな人がいるのか?FREEマークはついているか?

STEP3

候補者を比べてみよう!

誰を応援したいのか?

STEP4

候補者にアプローチしてみよう!

FREEの要求や自分の要求を政策に入れてもらえるように働きかけてみよう!

\FREEマークとは?/

  昨年5月には学生緊急支援給付金が創設され、コロナ禍においての学生への支援策が注目を浴びました。しかしながら、依然としてコロナの猛威は収まらず、学生からは現状の困窮・将来への不安などの声が寄せられています。こうした実態からも、学生には新たな支援策が早急に必要と考えています。この度の選挙で高等教育政策をよりよいものとするために、衆議院選挙の立候補者の方々に以下のアンケートにご協力をお願いしています。さらに、アンケートの質問で反対が一つもなく、質問(1)を含め3つ以上を政策として掲げる場合(質問(1)は必須)には、私たちと同じものを目指しているということで「FREEマーク候補者」として認定させて頂いています。

 

(1)高等教育の無償化を目指し、ただちに学費値下げに踏み出す。その際の財源は、消費税増税など庶民負担増にもとめない。

 

(2)高等教育の授業料免除枠を拡大する 

 

(3)現行の学生支援機構の奨学金制度を抜本的に改善する(給付制奨学金の抜本増。貸与奨学金の完全無利子化。返済中の奨学金の利支払いの免除。返済困難者への救済制度の拡充) 

 

(4)緊急的な措置として、学生への現金給付や学費減免などの、学生に対する支援策を提示する

 

(5)高等教育の学費値上げを止める

\このページの活用法/

自分の小選挙区、比例区の候補者を知る

ステージ1

 まずは自分の持つ選択肢を知ることから始めてみましょう。候補者リストから候補者を確認して、どんな人がいるのかを把握しておきましょう。また、今自分が住んでいるところや、地元、大学周辺の候補者も調べておくと家族や友人と選挙について語るきっかけになります。

候補者について調べてみる

ステージ2

 それぞれの候補者はFREEが掲げる政策に対して、どのような立場をとっているかを確認してみましょう。また、候補者の政策を知り、FREEだけではなく、自分が大事にしていることや、自分の要望・主張は反映されているのか・いないのかを調べてみましょう。

候補者にアプローチしてみる

ステージ3

 ステージ2で調べた候補者の政策についての意見を、候補者に届けてみましょう。個人ウェブサイトの問い合わせ機能の利用や、事務所へのFAX、電話・メール・SNSを使って連絡してみましょう。応援のメッセージや、政策に関する要望・要請など、積極的に候補者にアプローチしてみるのも良いでしょう。

新たに運動を始めてみる

ステージ4

 FREEの要請している政策以外にも、自分が大事だと思う政策を公約に掲げてもらい、選挙の争点にするために、自分で新しく運動をはじめてみることもできます。ジェンダーや外交、コロナ対策など、様々な視点を持って、2021年の衆院選に臨みましょう!

\衆院選とは/

 日本においては、国民主権を基本としているため、政治のあり方を決めるのは国民である私たち一人ひとりです。しかし、国民全員が話し合って国の政治について決めるのは難しいので、選挙によって自分の意見を代弁してくれる代表者を選びます。総選挙とは、衆議院議員の全員を選ぶために行われる選挙のことです。小選挙区選挙と比例代表選挙が、同じ投票日に行われます。総選挙は、衆議院議員の任期満了(4年)によるものと、衆議院の解散によって行われるものの2つに分けられます。衆議院議員の定数は465人で、うち289人が小選挙区選出議員、176人が比例代表選出議員です。小選挙区制は、選挙区という単位から1名選出する方法で、大きな政党が有利なため政治が安定する一方、死票が多くなると言われています。比例代表制は、各政党が得た票のパーセントで議席が配られるため、多くの人の意見が反映されやすい一方、小さな政党が乱立し政治が不安定になると言われていて、正反対の性質を持っています。

\お住いのエリアを選んでください/

 

キーワード検索

2fb0260f7a6523c60b142721e8191baf.webp